LENOの「オーバーサイズシャツ」のレビュー(軽やかさとはつまりこのこと)

ハルニレです、こんにちは。

前回の記事で「LENO」というブランドについて紹介しました。

今回はLENOのシャツの紹介になります。

f:id:papaparklife:20210522210838j:plain

 

やっぱりシャツっていいよね

ぼくは社会人になって以来、常に平日はシャツにスーツ姿で働いています。

私服時でもシャツを好んで着ていることから、年中シャツばかり着ていることになります。

 

改めてシャツの良さを語るまでもないとは思いますが、ぼくが特に好きな点は、清潔感があり、着回しが容易というところ。

 

さらに、ヒョロヒョロ体型のぼくは、二の腕を出したくないという理由もあり、夏でも半袖ではなく長袖のシャツを着用しています。

夏の東京は、外は暑く逆に室内はエアコンは効きすぎて寒かったりする時もあります。

そういった時にも長袖のシャツであれば容易に袖捲りで調節できるところも良いです。

(シャツの袖捲りってなんか様になりますしね)

 

LENOのシャツ

さて、今回はLENOのオーバーサイズシャツです。

仕事においてはタイト目のオーダーシャツを着ているぼくですが、その反動からか、私服においてはゆったりしたサイズのシャツを探していました。

 

そこで購入したのがこちらの「OVERSIZED SHIRT(STRIPE)」です。

f:id:papaparklife:20210522211352j:plain

ユニセックス向けのアイテムであり、サイズ展開は2つ。

ただし、いずれのサイズもその名の通り、オーバーサイズなつくりになっています。

(大と特大みたいな)

ぼくが購入したのはサイズ1で小さい方になります。

お値段は¥26,400(tax in)。けっこうしますね。。。

 

早速着用画像ですが、ご覧の通りサイズ感がぴったりです。

※着用画像ではAPCのプチニュースタンダードを穿いています。ご参考までに。

f:id:papaparklife:20210522211947j:plain

まさに包み込まれるサイジングとはこのこと。

もちろんシルエットも素晴らしく、特にこの横から見たシルエットが好きです。

f:id:papaparklife:20210522212221j:plain

身幅がとても広いことから、腕を閉じた時に前身頃、後見頃が前後に広がりとても軽やかに感じられます。

アームホールも大きく、腕を回した時の、脇あたりの窮屈さは全く感じられません。

f:id:papaparklife:20210522212300j:plain

素材は綿100%で着心地はとても柔らか。

ブルーとグレーのストライプシャツで、爽やかさに加えて、インテリジェンスなイメージも与えられるかなと。

(個人の感想であり、商品の効果・効能を示すものではありません)

 

ー高身長ポイントー

オーバーサイズと謳ってる割に袖が足りないな〜って悩む必要なしの、完璧サイズ。

しかも何がいいってユニセックスなのでもちろん女性も着られるということ。

小柄な女性から、こんな185cmの大男まで合う服ってありますか??

はい、ここにありました。身長160cmの妻とも共有できそうです。

 

ー公園での父親ポイントー

このシャツの一番の良さは軽やかさにあります。

なので、風を感じながら子供と鬼ごっこしたくなるシャツです。

f:id:papaparklife:20210522212617j:plain

f:id:papaparklife:20210522212645j:plain

※とある春の日、家族で公園にて

 

最初から最後までベタ褒めしてしまいました。

気になるのはちょっとお値段が張ることくらいですね。

(お小遣い制のぼくとしてはそこが大きいのですが...!)

 

ということで初回に引き続き、またまた好きなシャツの紹介でした!

お付き合い頂きありがとうございました!